1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.2.8

Van Gogh’s Sunflowers too old to travel, must stay in Amsterdam: team of expertsゴッホ美術館所蔵の『ひまわり』、傷みがひどく門外不出に

このページを印刷する

ヴィンセント・ファン・ゴッホの『ひまわり』は世界で最も有名な絵画の1つだ。しかし悲しいことに、描かれてから130年で、旅をする日々は終わった。

専門家チームは6週間をかけてこの花瓶に入ったひまわりの絵画を注意深く検証した。この絵画はあまりにも脆くなっていて、巡回展でアムステルダムを離れることはできず、所蔵されている場所にとどまるべきだと、専門家チームは発表した。

使われている絵具は、湿度と温度が変化すれば傷む可能性があると、ファン・ゴッホ美術館のアクセル・リューガー館長は述べた。

「そのため、この絵画は移動をできる限り少なくし、安定した環境で展示することが重要だ」と同館長は述べた。

専門家らは、ファン・ゴッホが1889年1月に描いた『ひまわり』は、1888年に描かれたそれよりも前の絵画に基づいているとも考えている。その前作は今、ロンドンのギャラリーに展示されている。

『ひまわり』はアムステルダムのゴッホ美術館で、新しいもっと優しい照明の下で、2月22日から再び展示される。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み