1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.6.21

As interest in Latin language grows, Vatican broadcasts news in ancient languageラテン語への関心の高まりを受けてバチカン市国でラテン語放送開始

このページを印刷する

友よ、ローマ市民よ、ラテン語愛好者よ―バチカン市国に耳を貸してくれ。バチカン放送局は6月8日、カエサルとキケロの言語(ラテン語のこと)で初のレギュラーニュース放送を開始した。

「Hebdomada Papae, Notitiae Vaticanae latine reddiate(法王の1週間、ラテン語でのバチカンニュース)」と呼ばれ、ラテン語の使用を広める一連の新たな取り組みの一環だ。ラテン語はヨーロッパ全体でかつて学ばれていた。

今月、イタリアの書店は、ラテン語と古代ギリシア語のクロスワードパズルの新刊『Hebdomada Aenigmatum』を販売しはじめた。このワードパズルの本には、ローマ数字での数独も含まれている。

このバチカン放送局による週1回の放送は5分間だ。この後には、ラテン語会話と、この古代ローマの言葉(ラテン語のこと)を現代のシーンで使うヒントについてイタリア語での30分番組が続く。

インターネットのおかげでラテン語への関心が高まっている。ローマ法王は、ラテン語でのツイッターアカウントを持っている。ラテン語のウィキペディアページさえある。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み