1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.7.19

Thousands in Chile desert ‘hear’ total solar eclipse, with help from scienceチリで皆既日食を音に翻訳 聴覚障害者が「聞く」鑑賞会を開催

このページを印刷する

7月2日に皆既日食があった。観測するのに最もよい場所の1つはチリのアタカマ砂漠にある小さな町カチユヨだった。世界中から数千人が今回の日食を体験しに集まった。

訪れた人々の中には目の見えない人もいた。彼らは日食を見ることはできなかったが、「ライトサウンド」と呼ばれる機器のおかげで、日食を「聞く」ことができた。

この機器は、プエルトリコの宇宙物理学者Wanda Diaz Mercedさんが開発したもので、Wandaさん自身も目が見えない。チリの天文学者Cataline Arcosさんによると、この機器は明るい光を高温域の音に、暗さを低音域の音に「翻訳」するという。Arcosさんはカチユヨでの観測会を取りまとめる援助をした。

「この機器は、日食を見ることができない人に日食を聞けるようにする」と彼女は述べた。

そうした人々の1人にOctavio Oyarzunさん(41)がいた。「それはワクワクする信じられない魔法のような体験だった」とOyarzunさんは語った。Oyarzunさんは音楽の教授で生まれたときから目が見えない。「この繊細な体験ができたのは科学からの贈り物のようだ」。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み