1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.10.11

Is that Kobe beef real or fake? Now you can tell by comparing DNA tests偽装「神戸牛」、DNA 鑑定で看破 業界初の試みを10月より開始

このページを印刷する

神戸牛は海外で人気になってきているが、人々は自分が食べているのが本物の神戸牛か偽物の神戸牛かをどのようにして知るのだろうか?ある関係団体にはその答えがある:DNA鑑定だ。

神戸肉流通推進協議会は9月25日、生産者は神戸にある食肉センターへ生きた牛を持ち込むことができるようになると発表した。その牛から取られた牛肉はそれぞれ別の認証番号がつけられ、5年間保管される。

精肉店やレストランが偽物の神戸牛を販売していると思ったら、同団体に連絡をすることができる。同団体は疑惑がある肉のDNAを検査し、保管されている食肉のDNAと比較する。

このシステムは神戸牛の評判を保護するのに役立つだろうと、同団体は述べている。DNA鑑定システムは今月から開始される。

「我々は、消費者が神戸牛を楽しむときに安心できるシステムを作りたい」と同団体の職員は話した。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み