1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.10.25

Some US states celebrate native peoples instead of Christopher Columbus米国で「コロンブスの日」ではなく「先住民の日」祝う動き拡大

このページを印刷する

アメリカでは毎年、「コロンブスの日」でクリストファー・コロンブスの南北アメリカ大陸到達を記念している。しかし今年は、ニューメキシコ州、バーモント州、メーン州は10月14日の「コロンブスの日」の公式な祝典を開かなかった。代わりに、「先住民の日」を初めて祝った。

ニューメキシコ州アルバカーキでは、インディアン・プエブロ・カルチュラル・センターで先住民の首長らが民族の言葉で祈りを捧げた。パレードと伝統的なダンスもあった。

ナバホ・ネイションの一員のKimberlaigh Begayさん(29)は、結束の日にアメリカの先住民たちがこんなにたくさん集まっているのを見て感銘を受けたと語った。

長年、アメリカの先住民は、コロンブスが南北アメリカ大陸の先住民に対する殺人の世紀を始める一助となったという懸念からこの国民の休日を変更するように州に要請してきた。

国内の約10州が何らかの形で「先住民の日」を祝う。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み