1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.11.29

Roosters from rubbish: Indonesian workshop turns waste into chicken dollsアイデアで雇用を増やすインドネシアの作業所 廃棄物からニワトリの人形を生産

このページを印刷する

インドネシアのある作業所は、低賃金の労働者を救う新しい方法を見つけた―工場の廃棄物とニワトリの羽を使うことで。

インドネシアの西ジャワ州インドラマユにあるこの作業所は、工場の廃棄物―発泡スチロール、ゴム、布の廃棄物を含め―と、ニワトリの食肉処理場から出る羽根を使って実物大のニワトリの人形を作っている。

この作業所のオーナーは、35歳のTarjayaさんで、多くのインドネシアの人々と同じように1つだけの名前で通っている。

「廃棄物を見ると、残念な気持ちになる」とTarjayaさんは語った。「例えば、廃棄物はアート作品などにしたほうがいい。そうすれば、だれもが恩恵を受けられて、廃棄物を有効活用できる」。

この作業所では、街路清掃員や行商人、農場労働者を含め、最大10人を雇用している。

彼らの手助けがあって、Tarjayaさんは1ヵ月に最大で200個のオンドリの模型を作り、1体25万ルピア(1,930円)で販売している。闘鶏の訓練のための小道具として使われているものもある。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み