1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.1.31

Japan moves to protect intellectual property for breeders of wagyu beef cattle和牛遺伝子の保護へ法整備 受精卵などの不正利用差し止め

このページを印刷する

和牛の牛肉は世界中で人気があり、多くの人々が和牛を海外で飼育している。そのため、日本の農水省は懸念し、知的財産として和牛の受精卵と精子を保護する法案を1月20日に提出した。

この法案は適切な規則を守らずに受精卵や精子を販売または購入する事業者を狙うものだ。この法案は、こうしたものを輸出しようとしている人のことも対象にしている。

2018年に、和牛の受精卵と精子を中国へ輸出しようとした人々がいた。日本の畜産農家が良質な和牛を育成するのには何年もかかる。

政府は高級和牛の輸出を拡大することに積極的だ。しかし、和牛の遺伝物質を海外へ持ち出すことを禁じる法律はない。

別の動きで、政府は昨年、遺伝物質の密輸を阻止する措置をまとめた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

Sponsored contents

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み