1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.7

Tokyo 2020’s Olympic torches will be first to be powered by hydrogen東京五輪、聖火の燃料に水素を利用 環境に配慮した初の試み

このページを印刷する

オリンピック史上初めて、聖火の燃料に水素を利用すると、主催者が1月27日に明らかにした。これは、環境に優しい大会を開催するための2020年東京オリンピックの取り組みの一環だ。

主催者は、大会中に排出される二酸化炭素すべてを相殺(カーボンオフセット)することを目指しており、日本で環境問題に対する意識を高めることにオリンピックを活用したいと考えている。

2020年東京オリンピック組織委員会は、聖火リレーのいくつかの段階で水素を利用し、開会式と閉会式中のオリンピック聖火台でも水素を用いると述べた。水素は燃焼時に二酸化炭素を排出しない。

約500台の水素燃料電池車も7月24日から8月9日まで開かれるオリンピック中に使われる。

大会の環境への影響を削減するための他の取り組みには、選手村で使われるリサイクル可能な段ボール製のベッドや、消費者の電化製品をリサイクルして作られたオリンピックメダルなどがある。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

Sponsored contents

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み