1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.14

Groundhog emerges from Pennsylvania hill, predicts early spring this year春の訪れを占う「グラウンド・ホッグ・デー」 米ペンシルベニア州で開催

このページを印刷する

ペンシルベニア州で最も有名なウッドチャックが2月2日、今年は春が早く訪れると宣言した。ペンシルベニア州観光局によると、これは「パンクサトーニーのフィル」と名付けられたウッドチャックが出した134回目の予測だという。

グラウンド・ホッグ・デーの日の出に、シルクハットをかぶった男性たち―フィルの側近たち―がフィルに出てきて予測をするように仕向けた。1人の男性がフィルを空中に高く持ち上げた。

側近に囲まれて、このウッドチャック(フィルのこと)は2枚の巻物の1つを選んだ。「春はきっと早い」と男性たちのうちの1人が読み上げた。

毎年恒例のこのイベントは、2月2日に毛むくじゃらのげっ歯動物が影を落としたら、冬はあと6週間続き、そうでなければ春が早くやってくるというドイツの伝説に由来する。

現実では、フィルの予測は、ピッツバーグから車で約1時間のところにあるパンクサトーニーのすぐ郊外の小さな丘ゴブラーズノブでそのグループによって事前に決められている。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み