1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.3.13

Germany’s warm winter is too hot to make ice wine, for the first time since 1830暖冬によりブドウが凍らず ドイツのアイスワイン造りに影響

このページを印刷する

ドイツにおいて暖冬の天候は、国内のブドウ畑で今季にアイスワインが作れないということを意味する。こうしたことが起こったのは今回がドイツのワイン製造の歴史で初めてのようだ。

アイスワインは高価な甘いワインで、よくデザートと一緒に提供される。アイスワインを作るため、ワイン生産者はブドウの木にブドウが凍るまで残しておく。

しかし、ドイツワイン協会の広報担当エルンスト・ブーシャー氏は3月1日、国内のワイン生産地はどこでも寒さが十分でなかったと述べた。気温がマイナス7℃以下になる必要がある。

近年は多くの暖冬を迎えてきたと同協会は述べた。2017年には、アイスワインを作ることができたのは7ヵ所の生産者だけで、2013年には5ヵ所だけだった。

しかし、1ヵ所もアイスワインを作ることができなかったのは、1830年に最初のアイスワインが作られて以来、初めてと思われるとブーシャー氏は話す。

同協会によると、日本はドイツのアイスワインの主要な市場だという。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み