1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.5.29

Mitsubishi Heavy to launch UAE-built explorer for research mission on MarsUAE 建国50年を記念する火星探査機 7月に打ち上げへ、三菱重工が受注

このページを印刷する

三菱重工は5月18日、火星へロケットを打ち上げると発表した。

そのH2Aロケットは7月15日の午前5時51分に鹿児島県の種子島宇宙センターから発射される。ロケットは、アラブ首長国連邦(UAE)が開発した探査機「HOPE」を載せている。

この宇宙探査機は、この中東の国(UAEのこと)が建国50周年を迎える2021年に火星に到達する見込みだ。

三菱重工はこれまでに外国の人工衛星3機を打ち上げているが、地球を周回するのではない探査機を同社が打ち上げるのは、今回が初めてだ。

探査機「HOPE」は、写真を撮ったり、紫外線や赤外線を活用したりして、火星の大気と気候を研究する。種子島には4月に運び込まれた。

アメリカと中国も火星に探査機を送り込む計画をしている。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み