1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.7.3

Visitors to Iwate zoo help 18-year-old elephant lose weight through exercise岩手の動物園の象 ダイエットに挑戦

このページを印刷する

岩手県の動物園を訪れる来園者たちは、18歳の象の減量を手伝っている。

盛岡動物園の飼育員たちは、アフリカゾウのマオの人工授精を望んでいる。もし成功すれば、日本で初めてのゾウの人工授精となる。

マオのパートナーのタロウが2018年11月に死亡したとき、マオの食欲がなくなったので、飼育員たちは特別なメニューをマオに準備した。その食事療法で500キロ増やすことができた一方で、余剰の体重は人工授精の成功確率を下げてしまう。

現在、マオは新しい食事療法をしていて、来園者たちはマオの運動を手伝っている。

6月1日から、来園者たちはマオに、囲いのフェンス越しに長いポールでバナナやりんごなどの食べ物をあげている。マオはポールを追いかけて、囲いの端から端まで60メートルを、1日最大15回歩く。

マオは6月20日の時点で約210キロ減量したが、目標体重の3,600キロまではあと340キロほど届いていない。

英文記事を見る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み