1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.9.25

Kurosawa becomes 1st Japanese since 2003 to win director’s award at Veniceベネチア国際映画祭 『スパイの妻』黒澤清監督が銀熊賞

このページを印刷する

日本の映画製作者である黒沢清監督は9月12日、ベネチア国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した。彼は、17年ぶりにこの賞を受賞した日本人監督となる。

『スパイの妻』は、第二次世界大戦の勃発前、1940年代に神戸に住んでいた夫婦の物語をたどる。夫は偶然、国家機密を知り、それを明るみに出そうとするが、妻は夫の安全を保とうとする。

「大きな驚きです。うれしくて言葉になりません」と黒澤監督(65)は動画メッセージの中で語った。「このようなうれしいプレゼントを私の年齢で受け取ることができるとは夢にも思っていませんでした。長い間、よく映画製作を続けてきたと思います」。

蒼井優さんと高橋一生さんが主演した黒澤監督の映画は、日本の映画館で10月16日から公開される予定だ。

この賞を直近で獲得した日本人映画監督は、2003年に『座頭市』で受賞した北野武監督だった。

英文記事を見る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み