1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.10.16

Communist-era mosaics in Bulgaria’s controversial monument get life support旧ブルガリア共産党本部、廃墟となった建物が修復・保存へ

このページを印刷する

遠くからは、ブルガリア中部のブズルジャ記念館は、背の高いコンクリート製のアンテナのようなタワーの横にあるUFOのように見える。それはUFOではなく、ブルガリアの共産党支配時代の記念館だ―1989年に共産党が没落して以来、崩壊するがままになっている。

約30年後、内部の壁にあるモザイク画は雨と雪で傷んできた。ブルガリアがその運命を決めるにもかかわらず、現在、ヨーロッパの5つの大学の専門家チームが、時間と天候に抗って、ヨーロッパで最も大きな近代主義のモザイク画の1つであるこの建物を保護しようと取り組んでいる。 

その計画の裏にいるのはブルガリアの建築家Dora Ivanovaさんである。彼女の財団ブズルジャ・プロジェクト財団は、このモニュメントの保存を計画するために、アメリカのゲティ財団から助成金を獲得した。

「私たちは、それが創られたのが好きな時代であろうと、嫌いな時代であろうと、あるいは傷を残した時代であろうと、何もかもを破壊するべきではない」と、この30歳の建築家(Ivanovaさんのこと)は述べた。

英文記事を見る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み