1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.10.23

Historic ninja house in Japan avoids demolition after city official buys it for ¥20M弘前市の「忍者屋敷」、市職員が買い取り 忍者の歴史を伝える観光施設として保存へ

このページを印刷する

青森県で一組の夫婦が自分たちの家を売却したとき、多くの人々がその家が解体されるのではないかと心配した。その家は江戸時代に忍者の拠点だったと言われていた。

しかし今、弘前市の狭い通りにあるその木造平屋の家は守られた。63歳の市職員・佐藤光麿さんがこの家を約2,000万円で買い取った。青森大学の清川繁人教授によると、佐藤さんは住宅を保存し、忍者の歴史と文化を伝えるために利用すると語っているという。清川教授は青森大学の「忍者クラブ」の顧問もしている。

「この家を保存したいと思ってくれる人を見つけられてとてもうれしいです」と清川教授は報道陣に語った。

この家は弘前藩の忍者部隊「早道之者」の拠点となっていたと言われている。住人に侵入者がいることを警告する甲高い音を立てる床など、この家には際立った特徴がある。

英文記事を見る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み