1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.3.19

Japan supercomputer Fugaku in full operation to aid COVID-19 researchスパコン富岳完成、共用開始 新型コロナ研究にも活用

このページを印刷する

日本のスーパーコンピュータ「富岳」は、電算速度の分野で世界最速である。3月9日、新型コロナウイルスの研究に役立てられるとの期待をかけて、それ(富岳のこと)は運用が予定より早く開始された。

富岳は昨年4月から部分的に運用されており、飛沫がウイルスを口からどのくらい遠くまで運ぶのかを知るのに役立ったほか、このウイルスによって引き起こされる病気である新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の今後の治療について調査するのに役立っている。

富岳は、理化学研究所によって開発され、1秒間に44京2000兆回以上の電算を行なうことができる。

「富岳は人工知能(アプリケーション)やビッグデータ分析を含め、従来機の「京」ができなかったことができるため、愛されるものにしたい」と、理化学研究所の松本紘理事長は述べた。

富岳の前身の「京」は2019年に使用が廃止された。

英文記事を見る

70周年記念30%OFFキャンペーン

今購読を申し込むと30%OFF+セミナー無料特典付き!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み