1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.5.14

Tokyo Disneyland operator sees 1st annual loss due to coronavirus pandemicオリエンタルランド、上場以来初の赤字決算

このページを印刷する

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは4月28日、3月に終わりを迎えた年度について、赤字を報告した。これは、オリエンタルランドが1996年に上場して以来、初の年度赤字となり、新型コロナウイルスのパンデミック中に来園者数が記録的に少なかった後でのことだった。

この運営会社(オリエンタルランドのこと)は、2020年2月下旬から4ヵ月間、東京ディズニーランドとディズニーシーを閉園していた。

この2つのテーマパークへの来園者数の合計は、東京ディズニーランドが開園した1983年度の993万人と比較すると、756万人だった。

同社は3月に終了した年度に541億9000万円の赤字を記録し、これと比較すると、前年の利益は622億2000万円だった。売上高は1705億8000万円となり、前年から63.3%減少した。

オンラインでの記者会見で、オリエンタルランドの吉田謙次常務執行役員は、同社は両テーマパークに投資を続けながら、費用効率性を促進していくと語った。

英文記事を見る

70周年記念30%OFFキャンペーン

今購読を申し込むと30%OFF+セミナー無料特典付き!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み