1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.11.19

Nintendo sees profit drop 19% as countries gain control over pandemic任天堂、19% の減益 昨年の巣ごもり需要の反動

このページを印刷する

新型コロナウイルスのパンデミックが最もひどかった時期に、人々は日本のテレビゲームメーカー、任天堂が大好きだった。彼らは家から出られないときに娯楽を求めて任天堂の商品に頼った。

しかし今、国々は新型コロナウイルスを制御し始めており、任天堂の収益は今年度の前半に前年から19%減少した。

この京都に本社を置く企業(任天堂のこと)は11月4日、4-9月期の純利益を1,718億円と報告し、前年同時期の2,130億円から減少した。

任天堂はスーパーマリオとポケモンのゲームを開発している。同社は、家で楽しめる娯楽を提供することでパンデミックからの後押しを受けた世界的企業の1つだ。

年末の休暇の時期は任天堂の売上にとって極めて需要だ。これまでのところ、任天堂は世界中で任天堂スイッチのゲーム機を、スイッチ・ライトのバージョンを含め、約9,300万台販売してきた。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み