1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.2.4

JR East to let workers take up to two years’ leave for infertility care or studyJR 東日本、最長2年の休暇制度を新設 不妊治療や語学留学などが対象

このページを印刷する

JR東日本のスタッフは最長で2年間の無給休暇を取得することができるようになると、この件に詳しい情報筋が1月20日に明らかにした。

JR東日本は、新しい無給休暇制度を4月に導入する。この制度により、スタッフは不妊治療や留学、資格取得を目指すために休暇が取れるようになる。

JR東日本は、柔軟な勤務の選択肢を提供することにより、この新しい制度で職員の離職が減ることを期待していると、この情報筋は述べた。

多くの日本企業では無給休暇制度を提供しているが、それは数ヵ月しかない。しかし、ますます多くの企業では今、柔軟性のある労働環境を提供している。仕事のスタイルが変化しており、企業は才能のある従業員を留めておくための方法を模索している。

全日本空輸(ANA)は昨年4月に全ての従業員に最大2年間の休暇をいかなる理由でも取得できるようにする計画をスタートした。そして、ヤフージャパンでは、4月から従業員が日本のどこに住んでもよく、どこからでも通勤できるようにする。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み