1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.4.1

Great Barrier Reef suffering widespread coral bleaching, says Australian report豪グレートバリアリーフ、広範囲で白化を確認

このページを印刷する

グレートバリアリーフは、高い海水温により、広範囲で重度のサンゴの白化現象による被害を受けていると、オーストラリアの政府機関が3月18日に発表した。

この報告は、グレートバリアリーフ海洋公園局からのものだ。この機関では、世界最大のサンゴ礁の生態系を管理している。

同機関は、「海洋公園全域で」白化現象が見られたと述べた。小規模な場所もあるが、深刻な場所もある。

1998年以降、グレートバリアリーフでは異常に高い海水温が原因の大規模な白化現象が5回あった。最も直近の大規模な白化現象は2020年にあった。

この報告は、国連チームがサンゴ礁の健康状態の調査を開始した数日前に発表された。大量白化現象の証拠を発見すれば、国連チームはこのサンゴ礁の世界遺産登録を、気候変動によって引き起こされたダメージにより、「危機に瀕している」に格下げする可能性がある。

最終決定は6月に出されるものと思われる。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み