1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.5.20

Short film at Nagasaki’s Peace Memorial Hall shows A-bomb survivors’ agonies被爆した女性の体験を映像化 長崎の平和祈念館で上映

このページを印刷する

長崎の平和祈念館で上映されている新しい映画は、第二次世界大戦中に長崎市に投下された原子力爆弾の後遺症についてのものだ。1945年8月9日の爆撃とその余波を生き延びたが一生消えない傷跡が残った4人の女性に焦点を当てている。

この22分の映画『女性たちの原爆』は写真とイラストを映し出す。視聴者は、その女性たちが書いた記述に基づくナレーションも聞くことができる。女性たちは、自分の性別のせいで苦悩と悲しみを感じたと語った。

その女性たちの1人が淵本玲子さんだった。原爆に見舞われたとき、彼女は16歳だった。その攻撃は、彼女の顔に深い傷を残した。

彼女は結婚した後、厚い化粧で隠そうとしてきた顔の傷を夫に気づかれた。その後、彼女は彼と離婚することを決めた。

その映画は、長崎原爆死没者追悼平和祈念館で上映されている。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み