1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.5.27

Tokyo’s Yamanote Line to test automated trains with passengers from OctoberJR 東日本、山手線の自動運転実証実験を「乗客あり」で実施へ

このページを印刷する

JR東日本は5月10日、東京の山手線で乗客ありの状態で自動運転列車の試験走行を行なうと発表した。この試験走行は10月頃から始まって2ヵ月間続く。

JR東日本は、この環状線(山手線のこと)で乗客なしの状態での自動運転列車の試験走行は2018年から実施してきた。同社では、この技術を2028年頃に導入したいと考えている。

この動きは、日本の人口減少に伴い、運転手が不足する可能性に対処する助けとなるだろう。

自動運転の使用時には、運転手は単に出発ボタンを押すだけだ。電車はプラットフォームに近づく際、自動的に速度を落とす。運転手は非常時に電車を手動で運転するだけだ。

このシステムの下では、鉄道スタッフは運転手の資格を必要としなくなる。その代わり、スタッフの仕事は乗客対応とスタッフの訓練に関わるものとなる。

試験走行ではE235型の列車を使用すると、JR東日本は発表した。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み