1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.6.17

In 1st performance since Beijing Olympics, Hanyu completes quad toe loop羽生結弦選手、アイスショーに出演 北京五輪後、初の演技

このページを印刷する

日本のフィギュアスケートの象徴的な選手である羽生結弦選手は5月27日、北京オリンピック以来初めて演技をした。彼は東京付近で行なわれたファンタジーアイスショーで4回転トーループに成功した。

2月の冬の北京オリンピックで、この27歳の人(羽生選手のこと)はけがと闘い、メダルを獲得しなかった。

当時は、競技を続けるのか、アイスショーだけに出演するのかを彼は明言しなかった。

中国でのフリースケートの前日に、羽生選手は右足首をねん挫した。彼は鎮痛剤を飲んだが、クアド・アクセルで着地できなかった。彼の挑戦は、しかし、ある大きな国際大会で初めて認定された。

今年初めて世界タイトルを獲得したオリンピックの女子種目の銅メダリスト坂本花織選手もまた5月27日にリンクに立ち、千葉県の幕張メッセに登場した。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み