1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.7

Playing gamesゲームをすること

このページを印刷する

私はいつもゲームをするのが好きだった。

子どものとき、友人とたくさん身体を使ったゲームをした――鬼ごっこやかくれんぼから、リトルリーグの野球やホッケーといった団体競技にまであらゆるゲームをした。

ビデオゲームやコンピュータ・ゲームは、私の子どものころにはそれほど多くなかった。私たちはみんな「ポン」(卓球のビデオゲーム)のようなゲームは好きだったが、当時の技術はかなり限られていた。一方でボードゲームはわが家で主要なものだった。チェッカー、チェス、バックギャモン、モノポリー、ライフ、リスク、クルーなど他にも数十のゲームをした。私の両親はいつも、毎年クリスマスに家族全員で遊べるように少なくとも1つのゲームを私ときょうだいにくれた。トリビアクイズゲームが人気になると、父と私は、チャンピオンにはトロフィーを贈る家族トーナメントを毎年開いた。

13歳くらいのとき、ロールプレイングゲームの良さを理解し、友人と一緒に物語を作ってとめどない時間を過ごした。私たちは、魔法使いや宇宙船の船長、探偵、ジェームズ・ボンドのようなスパイの役割を演じた。他にもあらゆる種類の高度なボードゲームがあり、プレイヤーが歴史上有名な戦いで争ったり、グループの目標を達成しようとしたりするものだった。

技術が進むにつれて、これらの卓上でするゲームの多くはコンピュータ版に取って代わられ、家庭用ビデオゲーム産業は今や映画産業と財務的に匹敵するくらいにまで人気を呼び、子どもたちだけのものではなくなった。

ほぼビデオゲームに取って代わられた後、ボードゲームは復活を見せている。ここ数年で、私の住む市の中心街に数店のゲームカフェがオープンした。こうしたカフェでは、数十のセレクションの中からボードゲームを借りて、友人と遊ぶことができ、カフェでは客に飲み物と軽食を販売する。

友人の1人がほぼ毎週土曜日に自宅でゲームナイトを開催している。3人か4人で集まり、何杯か飲んでジョークを言いながら、卓上で宇宙船の戦いをしたり、謎を解いたり、帝国を築いたりする。

私たちが遊ぶゲームは終わるまで数時間かかることも多いので、おしゃべりで気をそらされないようにしているが、そうしたことは起こる。

ある夜には、主催者がもう遅いからゲームを終えるのに集中すべきだと言うまで、ジョークとおしゃべりに夢中になっていた。静かにテーブルにつき、ボード上の位置を確認し、ルールの一部を見直して、隠れたカードを探し、それぞれが次の動きを計画していた。ようやく、私たちはボートを見つめ、全員深く集中して、次のプレイヤーが自分の番になるのを待った。カウボーイ映画の大きな撃ち合い前のガンマンのごとく10分ほど黙って互いを見合った後、誰かが「誰の番だったか誰か覚えてる?」とささやいた。

勝っても負けても、ゲームナイトはいつも面白いものだ。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

Sponsored contents

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み