1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.11.27

Neighbours in the plague yearコロナ禍での近所付き合い

このページを印刷する

良き隣人であることは常に、カナダ人の中心的価値観であってきた。

これは寒い気候の中で生活していることと何らかの関係があると思う。ヨーロッパからの初期の入植者たちは、先住民の人々「ファースト・ネーション」に助けられた。距離と気候で母国から切り離された入植者たちは、共に助け合って冬を生き延び、土地を切り拓き、植物を植え、農作物を収穫し、家を建てた。

この隣人愛の中には制度化されたものもある:公共教育、公共図書館、国民皆保険などのようなものだ。組織化されたボランティア活動もある:アマチュアスポーツリーグやナショナルチャリティーなどだ。

この地域社会の活動の精神はカナダに限ったものではない。ほとんどの場所、文化で見受けられる。互いに助け合いたいと思う気持ちはほとんど普遍的なもののようだ。

私たちが互いに助け合うためにすることの多くは、単に良き隣人になることだ:通りの先に住む年配の人々のために道路の除雪をする、必要なときは数時間、近所の子どもたちの世話をする、誰かが旅行で離れているときに家に注意を払うといったことだ。

田舎に住んでいたときは、皆が冬を乗り越えるのに十分な量を確保できるように、近所の人が薪を切って山積みにするのは珍しいことではなかった。

現在進行中のパンデミック中に、良き隣人であることはさらに重要性を増した。マスクをして対人距離を保つことで互いを守るということだけではなく、集団の精神を元気づけることでもそうだ。

これについて、私の名付け娘Ceilidh Woodと彼女のトロントの隣人たちよりも良い例を私は思い付けない。

世界の多くの場所と同じように、ここの人々は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と戦う医療従事者へのサポートを示すために外へ出て少し音を立てるように推奨された。Ceilidhは偶然、有名なカナダ人フォーク・ブルース・ミュージシャン、ケン・ホワイトリーの隣りに住んでいた。ケンは3月から毎晩、自宅の表庭から路上で皆で一緒に歌う試みをリードしていて、近所の人たちが皆集まって、ギター、ベース、ハーモニカ、マンドリン―鍋や平鍋、箱をたたく人も―で参加していた。 

みんなで一緒に歌う夜の連続150回目を祝って、彼とCeilidhは『Ode to the Road』という曲を作曲して録音した。ケンのウェブサイトで聞くことができる。YouTubeにはこの曲の動画さえある。この近所の人々は今、200夜以上集まって一緒に歌っている。

歌うことほど、気持ちを高揚させ、人々を一つにするものはない。

英文記事を見る

70周年直前!スペシャルキャンペーン

新規お申し込みに限り今だけなんと月額定期購読 2か月間無料!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み