1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.10.1

Stop to smell the flowers!立ち止まり、花の香りを楽しもう!

このページを印刷する

子どもの頃、私は軍人だった家族と共に、世界各地に引っ越した。引越し先のほとんどは大都市で、私たちは忙しい都市生活を送っていた。正直に言うと、舗装された道から少しでも外れた道だとやや怖い感じがする。ガールスカウトでテントに泊まったときは、そのテントは誰かの家の裏庭に張られていた。芝生は完璧に刈られ、私たちの安全を保つフェンスがあった。もっと前の世代の子どもたちは、農場や小さな町で育てられ、毎日外で遊んだものだ。現代生活は、今の多くの子どもたちにとってそれを変えてしまった。

私はニューヨークとロサンゼルスに数十年住んでいた。大都市は、私にとって、地球の表面という生地に縫い付けられたスパンコールのようなもので、都市生活の華やかさが魅力を失うには長い時間がかかった。しかし、やがて、助けもあり、私は自然への道を見つけた。

友人グループと初めてコロラド川の急流下りに誘われたとき、何が私の頭の中を駆け巡ったかを想像してみてもらいたい。怖かったが興味をそそられ、そして結局それは人生を変える出来事となった。私たちは星の下で眠り、たき火で調理し、ごう音を立てて流れる急流をゴムボートでロケットのように急速に進んだ―深紅の渓谷、ギョリュウの木々、サギ、オオツノヒツジ、広い青空に囲まれて。私は新しい宇宙を見つけた。

その日々以来、私はよく湖、山、渓谷、果樹園へ逃避している。どこに住んでいても、訪れるべき美しい自然がある屋外の場所が必ずある。探しさえすればいいだけだ。自然環境の中を少し散歩するだけでも幸福感が高まることに気づかざるを得ない。

このことを私に教えてくれるのは、私の個人的な体験だけではない。たくさんの科学研究が、自然の中で過ごすことは、あらゆる種類の病気に極めて大きな恩恵があることを明らかにしている。うつ病を抱える人々にとって非常に助けになる;短期記憶と作業記憶を向上することができる。緑のある場所にいると、あらゆる不安を軽減するのに役立つ。心臓に不調のある患者、ぜんそく患者、アルツハイマー病患者さえも、自然の中で過ごすことから恩恵を得られる可能性がある。

ある研究では、屋外で眠り、自然の光を浴びることは、体内時計を整えるのに役立つ場合があり、身体が適切な量の休息を得られるようになることが分かった。体内時計の自然なリズムは、肉体的健康と精神的健康に影響を与えうる。ある驚くべき発見は、自然の中で長時間過ごす必要はないということだ:わずか5分間外で過ごすだけでも肯定的な感情が増す可能性がある。「花の香りをかぐ」ために時間を取ることは、高齢の人にも若い人にも素晴らしいアドバイスになる。

英文記事を見る

70th記念サイト 大喜利コンテスト

Alpha創刊70周年サイトにて「英語で一言!画像大喜利コンテスト」開催中!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み