1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.6

Lawmaker apologizes for heckling cancer patient肺がん患者にやじの議員、謝罪

このページを印刷する

ある与党議員は6月21日、受動喫煙防止法案についての患者による議会での証言中に、肺がん患者にやじを飛ばしたことを謝罪した。

6月15日の衆議院の委員会で、肺がん患者の団体の代表を務める長谷川一男さんが話していたときに、安倍晋三首相の自民党の党員である穴見陽一衆院議員が「いい加減にしろ」と言ったと、この団体は述べた。

声明で穴見議員は、「心よりお詫び」するとしたが、喫煙者が不当な扱いを受けていると感じていたことを付け加えた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み