1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.6.29

Japan stuns Colombia in 1st World Cup match日本、コロンビアに快勝

このページを印刷する

ロシアで開催されているサッカーのワールドカップで日本は6月19日、サランスクでのH組初戦で大迫勇也が後半に決勝ゴールを決め、日本は10人となったコロンビアを2-1で下した。/試合開始6分、香川真司がペナルティキックを決め、日本は皆が勝つと踏んでいた南アメリカのチーム(コロンビアのこと)をあぜんとさせた。これは、ドルトムントに所属するミッドフィルダー(香川のこと)のシュートをカルロス・サンチェスがハンド(で阻止)して退場となった後のことだ。/1人少ない状態であるにもかかわらず、コロンビアは前半遅くに疑わしいジャッジで与えられたフリーキックから同点に追いついた。日本のゴールキーパー、川島永嗣はフアン・キンテーロのシュートが壁の下からゴールラインを転がって超えるのを防げなかった。/しかし大迫は73分、再び日本をリードさせた。途中出場の本田圭佑のコーナーキックをヘディングシュートで決めて勝利を確実にし、アジアカップで4度優勝しているチーム(日本のこと)が、ブラジルで開催された前回ワールドカップの1次リーグで4-1で負けたコロンビアに借りを返す手助けをした。/日本の次の試合、セネガル戦は6月24日、エカテリンブルクアリーナで行なわれる。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み