1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.6.29

New law for private lodgings comes into effect民泊新法がスタート

このページを印刷する

民泊を対象とする新しい法律が6月15日に施行され、地方への外国人観光客の増加につながると見込まれる。一方、許可されていない宿泊に対する管理は厳しくなる。

民泊に関する新法は、物件の所有者が所属する自治体に登録した後、観光客に年間最大で180日間まで空き家や空き部屋を貸し出すことを許可する。これまでは、免許が必要だった。

この法律は、自治体に独自の規制を設定することも許可している。東京の目黒区では、民泊の平日営業を禁止している。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み