1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.6.29

Missing people with dementia hit high in 20172017年の認知症行方不明者、1万5千人超

このページを印刷する

過去最多の15,863人の認知症の人が2017年に行方不明になったと、警察のデータが6月14日に示し、日本の急速に高齢化する社会における問題を強調した。

警察庁によると、合計で227人は、昨年中に所在を確認できなかったという。

地元の警察は自治体と協力して、徘徊する認知症患者をさらに速やかに発見しようと努力している。より迅速で正確な身元確認のため、認知症患者の生体データを保存するといった新しい方策を導入している自治体もある。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み