1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.20

Aum Shinrikyo guru Shoko Asahara, six other cult members hanged for mass murdersオウム真理教事件、松本死刑囚ら7人の刑執行

このページを印刷する

終末論を説く狂信的教団であるオウム真理教の設立者で、犠牲者を出した1995年の地下鉄サリン事件や、1980年代と90年代に起きた数々の恐ろしい犯罪の首謀者である麻原彰晃死刑囚の刑が執行されたと、上川陽子法務大臣が7月6日に発表した。

その他、中川智正死刑囚(55)、早川紀代秀死刑囚(68)、井上嘉浩死刑囚(48)、土谷正実死刑囚(53)、遠藤誠一死刑囚(58)、新実智光死刑囚(54)の6人のオウム真理教信者の刑も執行されたと上川法務大臣は述べた。

麻原(本名・松本智津夫)死刑囚(63)は、27人の犠牲者を出した13の事件で有罪判決を受けた。犠牲者の数はその後29人に増えた。東京の地下鉄への攻撃だけで計13人が亡くなり、6,000人以上が負傷した。麻原死刑囚はまた、1989年11月に坂本堤弁護士夫妻とその1歳の息子を殺害したとして有罪判決を受けた。

刑が執行されたことで、見方によっては、オウム真理教による衝撃的な事件の数々に幕が引かれたが、重要な疑問が残されたままだ。麻原死刑囚は、なぜこれらの犯罪を行なったか説明しなかった。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み