1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.27

Rain disaster evacuees face health risks from scorching heat, toilet shortages避難所、暑さや感染症対策急務

このページを印刷する

7月の初めに西日本を襲った豪雨の余波で、洪水や土砂崩れから逃れている約5,800人の避難者は、猛暑とトイレ不足により健康上と衛生面での危険性の高まりに直面した。

政府省庁の発表によると、7月13日の時点で少なくとも619棟の建物が土砂崩れによる被害を受けており、20万7千戸が断水していた。また、被災地の広い範囲で気温が30度を超えた。

「子どもたちが熱中症になるかもしれないと心配している」と、広島市の避難所に4人の子どもと一緒に身を寄せている北村陽子さん(38)は述べた。

7月6日から気象庁は、最も被害の大きかった広島、岡山と愛媛を含む11の府県に大雨警報を出した。警察によると、200人以上が死亡し、共同通信の集計では約50人が行方不明のままだという。

専門家によると、避難所のトイレ不足が脱水症などの健康上のリスクを高めるという。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み