1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.17

15 cases of ‘superbug’ infections in Kagoshima院内感染か、鹿児島大病院で8人死亡

このページを印刷する

2016年以降、鹿児島県内の病院で強力な耐性菌が15人の患者から見つかり、そのうち8人が死亡したと、病院が8月3日に明らかにした。

鹿児島大学病院は、感染と死亡例の4件との関連を否定した一方、ほかの4件については、病気の進行に影響を与えた可能性があると認めた。病院の環境のせいで感染が発生した可能性があると述べ、患者の家族に謝罪した。

厚生労働省は、病院を調査することを検討していると述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み