1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.17

Japan wins two golds at badminton worldsバドミントン世界選手権、日本は金2つ

このページを印刷する

桃田賢斗は、8月5日のバドミントン世界選手権シングルスで優勝した初の日本人男性になった。同日、女性2人が日本にダブルスの勝利を41年ぶりにもたらした。

第6シードの桃田は、中国の第3シードのShi Yuqi選手に21-11、21-13で勝ち、日本に今年2度目の世界金メダルをもたらした。

その前に、松本麻佑と永原和可那が、同じく日本の福島由紀選手と廣田彩花選手に19-21、21-19、22-20で勝ち、全員が日本人の女性だったダブルスの決勝で追い上げて勝利した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み