1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.24

Onaga dies at 67, dealing blow to critics of push to move US air base in Okinawa沖縄県の翁長雄志知事が死去

このページを印刷する

すい臓がんのため入院していた翁長雄志沖縄県知事が8月8日遅くに亡くなった。67歳だった。
何ヵ月間も病に侵されていて、4月にがん性腫瘍を取り除くために手術を受けた翁長知事が亡くなったのは、前県知事が2013年に表明した、米海兵隊普天間飛行場を移設するために必要な埋め立て計画の承認を再度撤回する手続きを始めるよう、彼が地元の役人に指示したわずか数日後のことだった。
その飛行場は、沖縄の中心地にある人口の密集した宜野湾の地域から沖縄北部の沿岸地区にある辺野古に移設される予定だった。
翁長氏は埋め立て計画の承認を2015年の10月に撤回した。しかし、最高裁は2016年12月に翁長氏の見解に反対する判決を下し、昨年から政府が工事を再開することを認めた。
彼の最後の行動は翁長氏の不屈の精神を象徴するものだった。
翁長氏の死は、飛行場移設に対する反対運動に打撃を与えると予想されている。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み