1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.7

Skylark to ban plastic straws by 2020, starting with Gusto outlets this yearすかいらーく、プラ製ストロー全廃へ

このページを印刷する

大手外食チェーン企業のすかいらーくホールディングスは8月17日、プラスチックごみによる海洋汚染に対する取り組みとして、使い捨てのプラスチック製ストローの使用を同社の全てのレストランで2020年までに廃止すると発表した。
すかいらーくは、プラスチック製のストローの使用を全3,200店舗のレストランで、東京でオリンピックとパラリンピックが開催される2020年までに廃止すると述べた。第一段階として年内に、使い捨てのプラスチック製ストローを同社が1,370店展開するガストで全廃する。
すかいらーくは国内の外食大手でプラスチック製のストローの廃止に踏み切る最初の企業だと、同社の広報が述べた。
この試みは、プラスチック製ストローの海洋汚染への影響が世界的に心配される中、コーヒーチェーンの米スターバックスや米ウォルト・ディズニー社がプラスチック製のストローを廃止する取り組みを強化する中で発表された。
ストローや買い物袋、その他たくさんの製品に使用されるプラスチックは自然環境では分解されない。約400万トンから1200万トンの廃プラスチックが毎年海に流れ込んでいると推定されている。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み