1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.7

Rush hour could worsen in 2020: researcher中央大教授、「五輪期間の朝の鉄道混雑2倍」

このページを印刷する

通勤客が仕事へ向かうのと同時に2020年東京オリンピックの会場へ向かう人々は、首都圏エリアで朝のラッシュ時に鉄道の駅の深刻な混雑を引き起こすだろうと、研究者が警告した。
朝のラッシュ時にはいつでも東京駅や新宿駅といった主要な駅にいる人の数が2倍以上になると、交通網を研究している中央大学の田口東教授は推定した。
田口教授は、オリンピックの来場者には、早めに降りて会場まで歩いてもらえるように奨励する必要があると述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み