1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.7

Japan exploiting Fukushima workers, says UN国連、福島作業員の健康被害を懸念

このページを印刷する

国連の人権の専門家3人が、損傷した東京電力福島第1原子力発電所とその周辺で除染活動にあたっている「数万人の」作業員の命を危険にさらし、不当な扱いをしているとして、日本政府を批判した。
8月16日に発表された共同声明で、専門家は「放射線被曝のリスクに関するごまかしによる搾取の可能性」と、「経済的な困難のために危険な労働条件を受け入れるよう無理強いされている可能性」について深い懸念を表明した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み