1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.14

Olympic flame for 2020 to be lit on 3/11東京五輪の聖火採火式、3月11日に

このページを印刷する

2020年東京オリンピックの聖火採火式は3月11日—東北地方に壊滅的な被害を与えた地震と津波から9年となる日—に行なわれると、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長が9月1日に発表した。
「これは素晴らしい案だと思う」とバッハ会長はジャカルタでのインタビューで語り、東京のオリンピック組織委員会から最初に提案されたこの案を国際オリンピック委員会は受け入れたと付け加えた。
オリンピックの聖火リレーの日本の区間は3月26日に福島県から始まり、121日で全国をまわる。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み