1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.26

Consumption tax hike to 10% set for October 2019, says Abe消費税、来年10月から10%に

このページを印刷する

安倍晋三首相は10月15日、政府は、膨れ上がる社会保障費の財源確保のため、2019年の10月に消費税率を現在の8%から10%に引き上げると発表した。

菅義偉官房長官によると、安倍首相は、増税による景気への悪影響を抑えるための対策を考案するよう関係閣僚に指示を出したという。この増税はもともと2015年10月に予定されていたものだが、消費が冷え込み、経済が停滞する懸念から2度延期された。

2014年に5%から8%になった前回の増税の際は、日本は一時的に不景気になった。しかし政府は、人口の高齢化で増加する医療・介護費を支払うために今回の増税は欠かせないと考えている。

安倍首相は臨時閣議でこの決定を発表した。この閣議では、豪雨や地震、台風に襲われた地域の復興などのための9400億円の2018年度補正予算案も決定された。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み