1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.2

Quality data for quake shock absorbers in 1,000 buildings were fabricated, says makerKYB、免震装置データ改ざん

このページを印刷する

緩衝機器(ダンパー)製造業者のKYB株式会社は10月16日、全国約1,000ヵ所の建物に設置した免震・制振装置の品質データを改ざんしたと発表した。

主に自動車や電車に使用されるダンパーを製造するKYBは、同社のホームページによると、世界24ヵ国に拠点を持つ。建物に使用される免震・制振装置用油圧ダンパーで国内シェア首位だ。

KYBによれば、油圧ダンパー2種類のデータが、2003年1月から昨年9月の間に改ざんされた可能性が高く、マンション、病院、そして国や自治体の庁舎に影響があるという。

東京を拠点とするその会社は、改ざんのあった装置を取り換えると述べた。

国土交通省は、改ざんのあった装置が使われた建物が、仮に震度階で最大の地震に襲われたとしても、倒壊する危険性は全くないと述べた。

国土交通省は、国内の免震装置製造業者88社を対象に、同じような不正が行なわれていないかを報告するよう命じる予定だと述べた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み