1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.9

Japan, China drawing closer amid trade pressure from US安倍首相訪中、協力強調

このページを印刷する

アメリカとの共通の貿易摩擦が、日本と中国を近付けているようだ。中国の習近平国家主席は北京で10月26日、両国は「より共通の関心や懸念を共有している」と安倍晋三首相に述べた。

日中関係は混乱期をへたが、今は「正常な軌道に戻った」と、習国家主席は安倍首相に述べた。これは、7年ぶりとなる日本の首相の正式訪中でのことだ。

中国は報復措置を含むアメリカとの貿易戦争の真っただ中にいる。また日本は、アメリカが鉄鋼とアルミの輸入に対する関税を引き上げたことによる打撃を受けている。

長年にわたり2国間に隔たりがあるにもかかわらず、このことは、代わりとなる市場を探し、お互いの関心が集中する外国での投資において協力するよう両国を促しているようである。

安倍首相は、自由で公平なルールに基づいて、「日本と中国は、地域や世界の平和と安定のため力を合わせて貢献する必要がある。これは、世界各国がわれわれに期待していることだと言える」と報道陣に述べた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み