1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.16

Work resumes on relocating US military base辺野古工事、再開

このページを印刷する

中央政府は11月1日、沖縄県の人々の強い反対にもかかわらず、アメリカの主要な軍事基地のための代替え施設を沖縄県内に建設するために埋め立て工事を再開した。

アメリカ海軍普天間飛行場の移設用施設を沿岸地区に建設するための埋め立て工事の承認を沖縄県は今年の夏に撤回したにもかかわらず、工事は再開された。

「工事が再開されたことは極めて遺憾だ」と玉城デニー沖縄県知事は那覇市の県庁で記者団に語った。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み