1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.30

Nissan Chairman arrested over allegations of financial misconduct日産のゴーン会長、逮捕

このページを印刷する

日産自動車とルノー、三菱自動車の連合の会長であるカルロス・ゴーン氏は11月19日、自身の報酬を実際よりも少なく報告したことと、会社の資金を流用した疑いで逮捕された。
ゴーン氏(64)は、11月22日に開かれる同社の取締役会で解任される予定だと、日産の西川廣人CEOがその日の夜に開かれた記者会見で述べ、ゴーン氏が権力の座に長く就いていたことが同社のガバナンスに負の影響を及ぼしたと付け加えた。
その自動車メーカー(日産のこと)は、ゴーン氏と日産の代表取締役グレッグ・ケリー氏の幹部2人が何年もの間、ゴーン氏の報酬を過少申告することをたくらんでいたとする不正が内部告発者からの報告によって明らかになった後に、内部調査を開始したと述べた。
東京地検特捜部は、その日の早くにゴーン氏を事情聴取しており、彼とケリー氏を逮捕した。2人で実際よりも少なく報告した金額は2011年から2015年の間で約50億円になったと情報筋が述べた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み