1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.30

Osaka High Court acquits tattoo artist入れ墨彫り師、逆転無罪

このページを印刷する

大阪高裁は11月14日、下位の裁判所の判決を覆し、彫り師の増田太輝さんが医師免許なしでタトゥーを施すことについて無罪判決を言い渡した。タトゥーを施すプロセスは医療行為ではないという判決を出した。

タトゥーを施すことは「医療とは関係がなく、医師法の下で管理されている医療行為の性質を持たない」と西田真基裁判長は判決を言い渡す際に述べた。

昨年9月に、大阪地裁は増田さんに対し、医師免許を持たずにタトゥーを施したことについて15万円の罰金の支払いを命じていた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み