1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.30

12 JAL flights delayed due to intoxicated pilotsJAL 操縦士、飲酒で12便遅延

このページを印刷する

パイロットが乗務前のアルコール検査にひっかかったことにより、過去15ヵ月間の間に日本航空が運行する飛行機の12便が遅延したと、同社の職員が11月15日に発表した。

2017年8月にさかのぼる期間中に、パイロットが同社の設定するアルコール検出値の制限を上回っていたものの、飛行機の遅延が起こらなかったケースが他に7件あったと、同社は述べた。

パイロットの交代と、追加の検査により、1つのケースでは最大で71分の遅延につながったと、職員らは述べた。影響を受けた便のうち、2便は国際線だった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み