1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.7

6 bodies found in remote farmhouse, 1 in nearby river in Miyazaki Prefecture宮崎の住宅で6人の遺体

このページを印刷する

警察は11月26日、宮崎県にある人里離れた山村の民家の住民と思われる6人の遺体と、近くの橋から飛び降りたか転落したと思われる7人目の遺体が見つかったと発表した。

県警によると、警察が遺体を見つけたのは、(この家に)電話をしたが連絡がつかなかったと、別の町に住む親族から警察に連絡があった後のことだったという。遺体の中には、切り傷があるものもあったと警察は述べた。

橋の下の川で見つかった7人目の遺体は、その家族の車で逃げたと思われる身元不明の男性のものだったと警察は述べた。

警察は、遺体が農業、飯干保生さんと彼の妻と、この夫婦の息子家族のものか、身元の特定を進めている。司法解剖が行なわれている。

共同通信によると、その家で見つかった全ての遺体は1人を除き、この家の住民だという。川で見つかった7人目の男性は、飯干さんの息子の可能性があると伝えた。

現場は、棚田の名勝地として知られ、県内の人気観光名所である高千穂峡に近い場所だ。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み