1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.28

More homes in flood-prone areas than in 1995浸水想定域の世帯、20年で4 % 増

このページを印刷する

潜在的な洪水のリスクがあるエリアに住む人が20年前に比べて増えていると、12月17日にある調査が明らかにした。
山梨大学の秦康範准教授(地域防災学)の調査によると、この数値は、2015年には3540万人前後となり、1995年から4.4パーセント上昇したという。
この上昇は一部に、「かつては住むことができないと見なされ、田畑にも使うことができないと見なされていた土地」での住宅地の開発工事の増加が原因となっていると、秦准教授は語った。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み