1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.28

More homes in flood-prone areas than in 1995浸水想定域の世帯、20年で4 % 増

このページを印刷する

潜在的な洪水のリスクがあるエリアに住む人が20年前に比べて増えていると、12月17日にある調査が明らかにした。
山梨大学の秦康範准教授(地域防災学)の調査によると、この数値は、2015年には3540万人前後となり、1995年から4.4パーセント上昇したという。
この上昇は一部に、「かつては住むことができないと見なされ、田畑にも使うことができないと見なされていた土地」での住宅地の開発工事の増加が原因となっていると、秦准教授は語った。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み