1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.11

Births at lowest level since 1899, data show出生数92万人、過去最少

このページを印刷する

日本で今年生まれた新生児の推定数は、比較可能なデータが手に入るようになった1899年以降、最低レベルに低下したと、政府の数値が12月21日に示した。
厚生労働省によると、今年のこの数値は92万1,000人で、前年から25,000人減少し、3年連続で100万人を割り込んだという。
死亡者の数は戦後最多となり、このデータは人口減少がさらに速いペースで進んでいることを示している。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み