1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.11

Japan drops to 3rd-biggest UN contributor国連分担金、日本は3位に後退

このページを印刷する

国連総会が12月22日に採択した新たな算定によると、2019年から始まる国連の総予算の分担率で日本は2位の座から3位に後退し、中国が日本を上回ることとなったという。
2019~2021年の期間で、中国の分担率は12.01%に上昇した一方、日本の分担率は8.56%となった。
この変更により、日本政府内では、改造された国連安全保障理事会の常任理事国になろうという日本の動きにおいて、大きなハードルに直面するのではないかという不安が高まるだろう。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み